社員研修で得るもの!必要なものを学ぶ機会にする!

社員研修をする場合は何が必要かを社員に聞く

社員研修で得るものは社員が必要としているものであれば、社員は研修を本気で受けてくれます。そのためには何が必要かを社員からヒアリングしておく必要があります。社員研修を意味のあるものにするためにもこの調査は必須です。必要としていないものだけを社員研修で得られると言われても、研修を受ける社員としては気乗りしなくなってしまいます。

社員がこの方向に成長してほしいという研修も加える

社員が学びたいことに会社側が学んでほしいものを組み合わせるのは作戦としては良いと言えます。学びたいことを学んでいるのであれば、別のことも合わせて学んでしまおうと社員は思うからです。社員が学びたいことを学ぶためには、会社が学んでほしいものを学ぶ必要があるというカリキュラムにするといいでしょう。

社員研修で一つ上のレベルに引き上げる

社員が必要なものは仕事に必要なものが多いです。しかし、社員研修では仕事で必要としているもの以上に、社員を高める研修を実施するといいでしょう。ただ仕事を効率良く進めるための研修ではなく、仕事がもっとうまくいくような研修を用意するのです。社員は知らず知らずのうちにレベルが上がってしまうという内容であれば、社員研修としては成功でしょう。

普段学べないことを社員研修で学ぶ

社員研修では普段学べないことを学ぶいい機会になります。そこでカリキュラムには仕事とは関係ないが、成長するために必要なものも含めるといいでしょう。興味がなくても研修であれば、真面目に聞いてしまうものです。人生の棚卸や仕事の振り返りなどは成長に役立ちますが、研修でなければできないかもしれません。

管理職研修は、自身が備えているキャリアスキルをどの様にして活用出来るかを研修に際してまず表現する必要性が求められる事になります。実際に管理職となった場合にそれを使う事が出来れば更に評価も高くなります。