しっかりと考えておきたい!事業承継のポイント!

事業はいつか誰かに引継ぎするもの

会社を経営しているのであれば、しっかりと考えておきたいのが事業承継です。事業というのは経営者が引退すればそれで終わりというものではなく、その後もずっと続いていくものです。それだけに、事業承継が必要になった時にスムーズな引継ぎができるように、承継する人について考えておくことが大切です。

子供がいる人の場合は

将来的に、子供に事業承継をしたいと考える人は少なくありません。本人が望み、経営者としての勉強や努力をしているのであれば、子供への事業承継も良いでしょう。しかし、本人の意思に反する場合は、会社を潰してしまう可能性も出てきます。そのため、子供への事業承継を考えているのであれば、事前に本人の意思や能力を確認しておくことが大切です。

増えてきている従業員への承継

増えてきているのが、優秀な従業員への事業承継です。能力のない人に事業承継を行った場合、会社が潰れ多くの従業員が仕事を失ってしまう可能性も出てきます。こうした状態を回避するためには、しっかりとした能力のある人に事業承継をすることが有効です。従業員への事業承継を視野に入れているのであれば、早い段階から能力の確認などをしておくと良いでしょう。

早い段階から考えておくことが大切

子供や従業員以外では、M&Aで事業承継を行う方法というのもあります。ただ、事業承継というのは承継する人を決めればそれで終わりではなく、そこから様々な手続きが必要となるものです。それだけに、まだ先の話と考えず、早い段階から事業承継についてしっかりと考えておくことがおすすめです。

事業承継は会社の経営を後継者に引き継ぐことです。引き継ぎ先は親族、従業員や他の会社に売る等状況によって様々です。