フランチェイズでの企業するメリットとデメリット

フランチャイズのメリット

フランチャイズとは本部と委託契約を結んで事業を行う事で、一定のロイヤリティを本部に支払う契約です。その代わりに本部から経営のノウハウや仕入れのシステムを提供してもらえるので、事業を素早く始めて軌道にのせる事ができます。本部が持っているブランドもフランチェイズの加盟店は使う事ができるので、既に一般に認知されたブランドを使って事業を行えます。

開業資金を融資してもらう時も同じ規模の同業種を自分で開業する時よりもフランチャイズで本部が事業のサポートをする場合の方が融資を受けやすいので、初期費用も用意しやすいです。

本部が売り上げや仕事の量を保証する売上保証という制度があります。全てのフランチャイズを展開する企業が売上保証の制度を採用している訳ではないですが、売上保証がある場合は利益が安定するメリットがあります。

フランチャイズのデメリット

フランチャイズの最大のデメリットはロイヤリティを本部に支払わないといけない事です。ロイヤリティを支払う事で本部が用意したシステムやブランドを使える訳ですが、ロイヤリティの負担が経営を圧迫するケースは少なくありません。

加盟店は本部のブランドで事業を展開しているので、加盟店自体が何か問題を起こさなくても本部や他の加盟店がブランド評価を落とすような事をすると全ての加盟店が影響を受けるリスクがあります。

本部によって仕入れルートは確立されている事はメリットである反面デメリットでもあります。その理由は仕入れ先や仕入れられる物が限定されるので、独自性が出しにくくなるからです。

教育関連のフランチャイズは、加盟直後の研修が充実しているのが特徴的です。開業後はサポートが受けられるので、生徒募集もスムーズに進められます。