確定申告が良く分からない?まずは白色申告と青色申告の違いを把握しよう!

白色申告と青色申告の違いって何がある?

自営業をしている人なら馴染みの深い確定申告。やった事がない人にとっては、分からない事だらけですよね。
確定申告をする時、まず知っておきたいのが、白色申告と青色申告の2種類あるという事です。どちらで申請するかは非常に重要なので、違いはしっかり把握しておきましょう。
2つの違いですが、青色申告は申告するのに手間が掛かってしまいますが、その分納税額が少なく済む。白色申告は、手軽に申告できる分節税効果は少ないという違いがあります。とりあえずは、このくらいの違いがあるという事を把握して、それぞれのメリットを見極めながら、どちらで申告するか検討すると良いですね。

それぞれのメリットは?

白色申告のメリットは、申告に手間がかからないという事ですね。白色申告をする場合、単式簿記と言われる形式で行われるのですが、単式簿記は初心者でも比較的簡単にできます。ただ、申告が簡単な分、控除額が10万円となっているので、節税効果は低いというわけです。
一方青色申告の場合は、複式簿記か単式簿記両方から選ぶ事ができます。複式簿記は申告が複雑になってしまいますが、その分最大65万円までの控除を受ける事ができます。かなりの節税効果が期待できるので、手続の仕方を覚えて、青色申告する価値は十分ありますね。ただし、青色申告する場合には、事前に開業届や青色申告承認申請書を提出する必要があります。一方白色申告は、特に届け出を提出する必要がないので、誰でも簡単に確定申告できるというメリットがあります。
どの程度収入を得ているかで、どちらで申告するか選ぶと良いですよ。

白色申告とは個人事業主の確定申告方法の1つです。この方法の場合、税務署に事前申告する必要がなく、記帳方式も簡単でよいという利点があります。